赤ちゃん

子育てには欠かせないベビー用品は沢山ある|利便性の良い物を選ぶ

日焼けを防ぐ方法

レディとベビー

赤ちゃんに日焼け止めを塗ることで、日焼けを防ぐことができます。ただ、赤ちゃんの皮膚は弱いので、刺激の強い日焼け止めを塗ると炎症を起こすおそれがあります。刺激の弱いベビー用の日焼け止めを塗ってあげましょう。

安心できる水を常備する

サーバー

赤ちゃんが生まれるとベビー用品が増えて住まいが狭くなるので、サイズの小さいウォーターサーバーを選ぶよう気をつけましょう。卓上タイプやスリムタイプがおすすめです。水道水が放射性物質で汚れている可能性は否定できないため、赤ちゃんを有害物質から守る目的でウォーターサーバーを導入するケースが増えています。

両親が喜ぶベビーグッズ

ベビーカー

数あるベビーカーの中から後悔しない製品を選ぶためには、利用するシーンに合わせて買うものを決めましょう。出先で赤ちゃんの安全を守りたい人にとってベビーカーは価値的なベビーグッズです。人ごみに入っても赤ちゃんが圧迫される心配がありません。

機能性が魅力のバウンサー

赤ちゃん

嬉しいメリットがたくさん

ベビー用品のバウンサーは快適な子育て生活に欠かせません。赤ちゃんを乗せるベビー用品は何種類かありますが、バウンサーは軽くてコンパクトな設計になっているので折りたたんで持ち運ぶのが楽チンです。外出先でも重宝しますし、家の中で違う部屋に移動する時も手間取りません。広げるだけですぐに赤ちやんが安全に過ごせるスペースを確保することができます。首が座る前から使用できるので、一人で赤ちゃんのお世話をしているママも家事をする時間ができます。バウンサーを揺らすと赤ちゃんが安心して眠りやすくなるので、寝かしつけ用のベビー用品としても重宝します。バウンサーは赤ちゃんの重みを使い自然に揺れる仕組みになっています。赤ちゃんが3ヶ月ぐらいになると自分で揺らして楽しむことができます。嬉しいメリットがたくさんある上、ハイローチェアなど他のベビー用品よりも価格が安く手軽に購入することができます。

バウンサーの賢い選び方

バウンサーを選ぶポイントはいくつかありますが、新生児からある程度大きくなるまで長く使うビベー用品なので洗濯可能な素材のものを購入しましょう。赤ちゃんは年間を通して大量に汗をかきます。ミルクを吐き戻してしまうこともあるので、洗濯しやすいバウンサーだと安心です。本体のシートクッションやカバーがスムーズに取り外すことができ、乾きやすい素材だと満点です。また、リクライニング機能はメーカーによって差がありますが、細かく角度調整ができるものだと赤ちゃんを寝しつける時に役立ちます。角度が緩やかで微調整できるバウンサーだと、どの月齢でも大活躍してくれます。その他、バウンサーの耐荷重も商品によって差があるので、大きく成長してからも使う予定なら耐荷重が大きいものを選んで下さい。