サッカーユニフォーム 激安 未分类 ウルグアイ代表 ユニフォーム 2018 ワールドカップ 激安通販中!!!

ウルグアイ代表 ユニフォーム 2018 ワールドカップ 激安通販中!!!

サッカーウルグアイ代表(西: Selección nacional de fútbol de Uruguay)は、ウルグアイサッカー協会(AUF)により構成されるウルグアイのサッカーのナショナルチーム。愛称はそのユニフォームカラーから「セレステ」など。ホームスタジアムは首都、モンテビデオにあるエスタディオ・センテナリオ。

成績

20世紀前半において世界屈指の強豪として君臨し、1924年、1928年のオリンピックで連覇。ワールドカップでは1930年に憲法発布100周年を記念し開催された地元での第1回大会、1950年のブラジル大会で優勝。コパ・アメリカでは最多となる15回の優勝を誇る。

しかし1970年代以降、ワールドカップでは度々南米予選で敗退するようになり、国際タイトルからも1995年のコパ・アメリカを最後に遠ざかるなど、長きに渡り低迷。

2011年、6大会ぶり15度目の優勝を果たし、強豪としての地位を取り戻しつつある。

2018年のワールドカップロシア大会では、南米予選第17節の時点で2位につけていたが、チリ、コロンビア、ペルー、アルゼンチン、パラグアイと本大会出場を争う混戦となっていた。最終節でボリビアを逆転で下して予選2位をキープし、本大会出場を果たした。

監督

オスカル・タバレス Oscar Washington Tabarez Silva
1956年 3月 31日、ウルグアイ・モンテビデオ生まれ。1988年に U-20代表監督からフル代表監督に昇格した。1990年のワールドカップは 1次リーグで敗退して辞任した。イタリア・セリエAの ACミラン監督などを歴任し、 2006年にウルグアイ代表監督に復帰した。2010年のワールドカップは 4強入りした。 2011年のコパ・アメリカは優勝した。2014年のワールドカップは南米予選で苦戦したが、出場を果たし、16強入りした。 2015年のコパ・アメリカは 8強入りにとどまった。

代表選手(2018年 3月発表 国際親善試合に向けた代表メンバー)

最多出場選手 マキシ・ペレイラ(124試合)
最多得点選手 ルイス・スアレス(50得点)

ウルグアイ代表 2018 ワールドカップユニフォーム

おなじみの“Celeste”(スカイブルー)で彩られたワールドカップモデル。

ウルグアイのイラストレーター、カルロス・パエス・ビラロの作品“Sol de Mayo”(5月の太陽)にインスパイアされたグラフィックが2018モデルの大きな特徴だ。首周りはVネックを採用している。

デザインだけではなく機能面も充実している。

シャツには湿度を調整する「evoKNITサーモレギュレーション・テクノロジー」と、ピッチ上で最適な体温を保つ冷却システムを採用。シャツはシームレス構造で、これらを組合せることによりパフォーマンスを最適化かつ可動性を提供する。

また、吸汗速乾性に優れている「dryCELLテクノロジー」で、シャツ内の湿度を最適に保つ。

エンブレムは若干の変更があり、これまで盾形の中に納まっていた4つの星を、今回は外側に配している。

この新しいユニフォームは、Sports-instyleでの取り扱いショップで販売中だ。

新アウェイユニフォームはイタリア代表アウェイモデルなどと同じテンプレートを使用。

白基調で襟元にスカイブルーをプーマロゴにはゴールドを使ったデザインとなっている。

[国際親善試合 2018] ウルグアイ代表 vs チェコ代表

2018年03月23日に中国の南寧で行なわれた「国際親善試合2018」(インターナショナル・フレンドリーマッチ)、ウルグアイ代表対チェコ代表のYouTube速報動画です。

試合は、ウルグアイ代表がFWルイス・スアレスとFWエディンソン・カバーニのゴールによって、チェコ代表に2ー0で勝利しています。

タグ: , ,

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です