サッカーユニフォーム 激安 未分类 サッカーサウジアラビア代表の過去•現在•未来

サッカーサウジアラビア代表の過去•現在•未来

サッカーサウジアラビア代表(亜: منتخب السعودية لكرة القدم‎)はサウジアラビアサッカー連盟によって編成されるサウジアラビアのサッカーのナショナルチームである。

国際試合への参加は1978年のFIFAワールドカップ・アルゼンチン大会の予選からである。1984年・1988年のAFCアジアカップでは砂漠のペレと称されたマジェド・アブドゥラーらの活躍で連続優勝。1984年のロサンゼルスオリンピック出場も果たしている。ただ、ワールドカップ本大会初出場は1994年のアメリカ大会まで待たなければならず、1993年のアジア最終予選ではカウンター重視の手堅い試合運びを演じ、1位で同予選を通過した。

FIFAワールドカップの成績

開催年結果試合勝利引分敗戦得点失点
1978予選敗退
1982
1986
1990
1994ベスト16420256
1998グループリーグ敗退301227
2002グループリーグ敗退3003012
2006グループリーグ敗退301227
2010予選敗退
2014
2018出場権獲得      
合計5/2113229932

国際試合への参加は1978年のFIFAワールドカップ・アルゼンチン大会の予選からである。

ワールドカップ本大会初出場は1994年のアメリカ大会まで待たなければならず、1993年のアジア最終予選ではカウンター重視の手堅い試合運びを演じ、1位で同予選を通過した。決勝トーナメント一回戦でスウェーデンに敗れるもベスト16の成績を残している。これがワールドカップにおけるサウジアラビアの最高成績である。

2018 FIFAワールドカップではアジア3次予選に進出し、B組2位で3大会ぶりの本大会出場を決めた。

1984年・1988年のAFCアジアカップでは砂漠のペレと称されたマジェド・アブドゥラーらの活躍で連続優勝。

 アジアでの成績は、ガルフカップ優勝3回、AFCアジアカップ優勝3回。

 1992年2000年・2007年AFCアジアカップで準優勝に終わっている。

AFCアジアカップの成績
開催年結果試合勝利引分敗戦得点失点
1984優勝633073
1988優勝633051
1992準優勝522183
1996優勝6321116
2000準優勝6312118
2004グループリーグ敗退301235
2007準優勝6411126
2011グループリーグ敗退300318
2015グループリーグ敗退310255
2019出場権獲得      
合計9月16日441913126345

監督

フアン・アントニオ・ピッツィ Juan Antonio Pizzi
1968年 6月 7日、アルゼンチン・サンタフェ生まれ。 選手時代はフォワードとしてスペインリーグで活躍し、得点王にもなった。 スペイン国籍を取得してスペイン代表として活躍した。 引退後は南米のクラブチームで監督を務め、実績を積んだ。 2016年 1月 29日にチリ代表監督に就任し、 2016年のコパ・アメリカで 2連覇を達成した。 2017年のコンフェデレーションズカップは準優勝した。 2018年のワールドカップ南米予選は成績が振るわずに本大会出場を逃し、2017年 10月 10日に辞任した。 2017年 11月 28日にサウジアラビア代表監督に就任した。
エドガルド・バウサ Edgardo Bauza
1958年 1月 26日、アルゼンチン・グラナデロバイゴリア生まれ。 現役時代はディフェンダーとしてアルゼンチリーグのロサリオなどでプレイした。 引退後はアルゼンチン、ペルー、エクアドルでクラブ監督を務めて実績を積んだ。 2005年にペルーのクリスタルをリーグ優勝に導いた。 2007年と 2010年はエクアドルのリガ・デ・キトをリーグ優勝に導き、 2008年にリベルタドーレス杯を制覇した。 2014年はアルゼンチンのサンロレンソをリベルタドーレス杯優勝に導いた。 2016年 8月 1日にアルゼンチン代表監督に就任し、ワールドカップ南米予選の成績が 3勝 2分 3敗と振るわずに 2017年 4月 10日に解任された。 2017年 5月 11日にアラブ首長国連邦代表監督に就任し、ワールドカップ・アジア最終予選の最後 3試合を指揮し、1勝 1分 1敗だった。 本大会出場を逃して 2017年 9月 15日に解任された。 2017年 9月 21日にサウジアラビア代表監督に就任し、国際親善試合を 4試合指揮して 1勝 3敗と振るわずに 2017年 11月 22日に解任された。
ベルト・ファンマルヴァイク Bert van Marwijk
1952年 5月 19日、オランダ・デフェンター生まれ。 2002年にフェイエノールト監督としてUEFAカップを制覇した。 2008年 8月にオランダ代表監督就任し、2010年のワールドカップは準優勝した。 2011年 12月に契約を 2016年まで延長したが、 2012年の欧州選手権で 3連敗で敗退し、2012年 6月に辞任した。 2013年 9月にドイツ・ブンデスリーガのハンブルガー監督に就任したが、 成績不振で 5カ月で解任された。2015年 8月 25日にサウジアラビア代表監督に就任した。 2018年のワールドカップはアジア予選を勝ち抜いて 3大会ぶりの本大会出場に導いた。 契約更改の交渉が決裂し、2017年 9月 15日に退任した。

最多出場選手/最多得点選手

サウジアラビア代表として178試合出場した。これは2015年現在で男子サッカー史上2位のキャップ数である(女子サッカーではクリスティン・リリーの352が最高)。国際サッカー歴史統計連盟(IFFHS)によって20世紀においてアジアNO.1と認定されたサウジアラビア人GK。

サウジアラビアが初めて出場したワールドカップ、1994 FIFAワールドカップ初戦のオランダ戦では神懸り的な活躍を見せた。先制点を挙げたサウジアラビアは、優勝候補のオランダを窮地に追い込んだ。デアイエはデニス・ベルカンプやマルク・オーフェルマルスのシュートをことごとくセーブし、その名を世界に知らしめた。最後には自身の決定的なミスもありオランダに敗れたが、その後、モロッコ、ベルギーを破り決勝トーナメント進出を決めた。

砂漠のペレと称されたサウジアラビア史上最高のストライカー。変幻自在の高速ドリブル、爆発的な跳躍力など黒人選手らしい身体能力の高さが特徴である。

サウジアラビア代表としては1977年4月4日のパキスタン戦で代表デビューを飾ると、1980年代にアジアカップを2連覇する活躍でアジア全土にその名を知らしめ、1994年6月26日のアメリカW杯1次リーグベルギー戦を最後に代表を退くまで139試合67得点の記録を残している。特に得点に関しては現在もサウジ史上最多記録である(非公式には200試合以上に出場し142得点を挙げたともいわれる)。

クラブでは一貫してアル・ナスルでプレーし数々の栄光を与えたが、サウジアラビアサッカー連盟が選手の海外移籍を禁じていた事もあり、その実力の高さにも関わらず活躍の場はアジア内部に留まる事となった。

代表選手 (2018年 3月発表 国際親善試合に向けた代表メンバー)

サウジアラビア代表 最近 1年の結果と今後の日程

2017/6/8W杯アジア最終予選オーストラリア32サウジアラビア
2017/8/29W杯アジア最終予選アラブ首長国連邦21サウジアラビア
2017/9/5W杯アジア最終予選サウジアラビア10日本
2017/10/10国際親善試合サウジアラビア03ガーナ
2017/11/7国際親善試合サウジアラビア20ラトビア
2017/11/10国際親善試合ポルトガル30サウジアラビア
2017/11/13国際親善試合ブルガリア10サウジアラビア
2017/12/22国際親善試合クウェート12サウジアラビア
2017/12/25国際親善試合アラブ首長国連邦00サウジアラビア
2017/12/28国際親善試合サウジアラビア02オマーン
2018/2/26国際親善試合サウジアラビア30モルドバ
2018/2/28国際親善試合イラク41サウジアラビア
2018/3/23国際親善試合サウジアラビア11ウクライナ
2018/3/27国際親善試合ベルギー40サウジアラビア
2018/6/14ワールドカップ ロシア vs サウジアラビア
2018/6/20ワールドカップ ウルグアイ vs サウジアラビア
2018/6/25ワールドカップ サウジアラビア vs エジプト

サウジアラビア代表 2018 ワールドカップ ユニフォーム

新ホームユニフォームはベスト16に勝ち進んだ1994年ワールドカップで着用したモデルに敬意を表したデザイン。白基調で襟縁を緑で飾り、左胸のエンブレムは新しく新調されたものが使用されている。

新アウェイユニフォームはホームと同じテンプレートを使用し、全身を国旗カラーの緑で統一した。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です