婦人とベイビー

子育てには欠かせないベビー用品は沢山ある|利便性の良い物を選ぶ

日焼けを防ぐ方法

レディとベビー

外出時の日焼け

赤ちゃんを外出させるときに、紫外線のダメージを受けて肌がまっ赤に日焼けしてしまうことがあります。日焼け止めを塗ってあげた方が良いものの、赤ちゃんの皮膚は弱いため刺激の強い日焼け止めを塗ると、肌トラブルを起こします。刺激の弱い赤ちゃん用の日焼け止めが販売されていますから、それを塗ってあげるとよいでしょう。ベビー用の日焼け止めは、赤ちゃんの肌に合う弱い成分で構成されています。しかし、できるだけ日焼け止めを塗らなくてもいいように、晴れた日の外出は避けて曇りの日に出かけるとか、屋根のあるベビーカーに乗せて、直接紫外線が当たらないように日傘を差すなどしておけば、赤ちゃんを日焼けから守ってあげることができるかもしれません。

肌に安心な成分

赤ちゃん用の日焼け止めにはオーガニックなものをお選びになるなど、肌に安心な成分が含まれているものがよいでしょう。「ベビー用」と記入されている日焼け止めを購入すると、大人向けの日焼け止めの半分ほどの効果がある成分が配合されています。ただ、作用には個人差がありますから、成分の内容をよく確認しましょう。また、塗り心地なども重要です。赤ちゃんの肌は薄く、大人以上にベタベタしたものを塗るのを嫌がります。「日焼けを防ぐため」などという理屈は赤ちゃんにはわからないため、気持ちの悪いものを塗られて泣き出してしまうようなこともあります。できるだけ肌触りの良い、塗った後にサラサラしたつけ心地のものをお選びください。